オリコミ基準


CRITERION


新聞折込広告基準について

日本新聞協会に加盟する新聞社とその販売店は、折込広告の社会的影響を考慮し、次のような折込広告の取り扱いに注意することにしています。

1責任の所在および内容が不明確なもの

(1) 広告主の所在地、事業社名や電話番号等が記載されていないもの
(2) 広告主の意図する内容が不明確なもの

2虚偽または誤認されるおそれのあるもの

虚偽誇大な表現により読者に不利益を与えるもの

3関係法規に違反、または違反のおそれがあるもの

名誉毀損、プライバシーの侵害、信用毀損、業務妨害となるおそれがある表現のもの、商標・著作物などを無断で使用したもの

4せん情的な広告

せん情的な文言や写真、図案等を使用し、青少年に有害と見られるもの

5抽選券・金券などを刷込んだもの

抽選券や金券などを刷込んだものは「新聞業における景品類の提供に関する事項の制限」によって禁止されています

6記載不備なクーポン付き折込広告

割引券や見本等請求権を掲載したクーポン付き折込広告については、「新聞のクーポン付き広告に関する規制」「同 運営規則」に反するものは、禁止されています

7不当懸賞広告

一般商品の懸賞については、賞品や景品の最高額は「不当景品類および不当表示防止法」によって制限されていますので、ご注意ください

8記載不備な不動産広告

(1) 広告主の事業社名、所在地や電話番号、また都道府県知事の登録番号等記載のないもの
(2) 分譲地の地番(行政呼称)、地目、建ぺい率について記載のないもの
(3) 利用交通機関、最寄り駅、分譲地から最寄り駅までの距離、時間について正確な記載のないもの
その他の不動産広告については必要な記載事項が欠けているものは受け付けられません

9記載不備な求人広告

人の募集の広告については、広告文中に募集者の従事する職種および求人者の住所氏名等必要な表示事項が明示されていないものは受け付けられません

10記載不備な貸金業広告

貸金業規制法で定められた事項が表示されていないものは受け付けられません

11公職選挙候補者の事前公告

公職選挙候補者が選挙期間中に行う文書活動は、公職選挙法によって定められたものに限られています

12医療関係、健康食品、エステティック等の広告

医療関係の広告は、医療法に定められた事項以外は広告できません。健康食品の広告は医薬品的な効能・効果を表示できません。エステ関連広告については、「特定商取引法」で誇大広告の禁止が定められています。

13新聞形式のもの

新聞と混同、誤認されると思われるもの、また新聞名、記事を掲載したもの

14その他の注意事項

(1) 医学、薬学等を否定する内容や迷信に類する非科学的なもの。
(2) 政治問題について極端な主義主張を述べたもの。
(3) 新聞販売センターの業務に支障をきたすような変形なもの。
尚、判断の難しいものは、発行本社と協議の上、受け付け可否を決定いたします。

※下記事由による折込の事故については、補償の責任は負いかねますので予めご了承下さい。
イ)天災、災害等不慮の事故
ロ)上記により新聞制作、新聞輸送等の著しい遅延により新聞折込が不可能となったとき。

次のコンテンツオリコミについて